帰宅して誰も居ないはずの家のトイレの電気がついてたら、ノックしちゃダメ!

ゆーごブログ

毎日暑すぎるので涼しくなる話をします。

これは義理の弟の夫婦が体験したリアルな話です。

霊感に関わらずに霊魂の出やすい賃貸物件はあるものです

まさに弟夫婦の住んでいた物件がまさに出る物件だっのです

以前からなんとなくそのアパートは気持ち悪いという話は聞いていました。

例えばなにか不思議な物音がするとか帰宅すると誰もいない部屋でシャワーを浴びる音がするとか。

Googleマップをみると、たしかにアパートの北東方向神社があり。

俗に言う鬼門と言う位置にアパートは建っています。

不思議な事が起こりながらも何年間はそこに住んでいました。

スポンサーリンク

そして事件は起こる!

ある日の夜。

平日にも関わらずに弟夫婦が血相を変えて、実家に駆け込んできました。義理の嫁と姪っ子は号泣しています。

週末ではないのにアポ無して来るなんて、何かただ事ではない何かが起きたのだと確信しました。

義理の弟の実家と私の自宅は斜向かいの距離なので、週末なるとみんなで集まって賑やかに過ごしていたんです。

どうしたの?

妻の実家でもある実家に私と弟夫婦と義母と義父もみんな集まって、弟が話始めました。

帰宅し電気がついて明らかに不思議なトイレ

外食から夜に帰宅した弟夫婦。

帰宅してすぐに弟の妻がトイレに入ろうとすると、なんとトイレの電気かついています。

どうして電気がついているのが分かるのかと言うと、ドアに小さい小窓がついていて、電気が付いているかどうかを確認出来るようになっているんです。

あれーおかしいな?

共働きで夫婦と姪っ子は朝家を出てから、今まで誰も帰宅はしていないので、トイレの電気がついているのはとても不自然な事なんです!

もうすでに得体の知れない気持ち悪い空気は漂っていたそうです。

義理の妹はふいにドアをノックしたそうです

コンコン!

すると..,

コンコン!

なんと返事が帰って来ました!

そこでやめれば良いものを、義理の妹は。

ドアを開けてしまいました。

きゃー。そのにいたのはなんと霊魂でした。

義理の妹が言うにはおじさんの幽霊だったと言います。

恐怖でわけもわからずに家を飛び出して来たそうなんですよ!

トイレの鍵が閉まっていたり、電気が付いていたらノックや話かけるのはやめましょう!

幽霊はなるべく会いたくないものですから、怪しいなと思ったときはやり過ごした方が、無難です。

かまうと調子に乗ってまた来そうですから、面倒くさいので無視してほっておきましょう。

稲川淳二の怖い話のYouTubeでドライブ

私が夏の夜によくやるのが、田舎道で怪談話の心霊系のYouTubeを再生しながら家族とドライブする事です。

もちろん子供達が爆睡している時のみに限定されますが、非日常的でワクワクしてなかなか楽しい時間ですよ!

まあ1人でやったらマジ気味が悪いので、1人の時にはオススメはしませんけど。

まとめ

そもそも幽霊の存在自体が不確定要素なので、この話自体が馬鹿げているかもしれません。

私自身も金縛りはありますが、あれも脱水症状の足がツル延長だと思えますし。

はっきり見たことなど一度もありません。

夢が現実かもわかりませんし。

トイレのお化けも妄想が見せた幻覚なのかもしれません。

そうは言っても夏の夜に怪談話に花が咲くのは人間のサガと言うものなのでしょうか?

皆さん毎日暑いですが、お身体には気をつけてお過ごしくださいませ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました