陸送ユーゴブログ 回送中の事故や損傷の賠償はどうなるの?

ゆーごブログ

こんにちは!

業務委託契約が基本の陸送ですが、回送中に車両を擦って傷つけてしまった!

または事故を起こしまった!

そんな時の責任と賠償はどうなるのでしょうか?

正社員であれば当然会社が修理代金は会社が持ってくれらと思いますが、業務委託の陸送員となれば全て自己負担となるのは避けられません。

私の会社の例を挙げたてご説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

陸送保険には加入しています!

私の場合は1件毎に200円の保険に加入させられています。

つまり200円の保険料を差し引かれるかわりに、万が一の時には保険が適用されるしくみになります!

しかしこれがセコイ!

10万円までの修理であれば全額自己負担

つまり修理代金が99000円ならば100%自己負担です。

何の為の保険だよ!せめて半分払えば?

と言いたくなるような保険です。

10万円以上は修理代金に関わらず10万円

つまり修理代金が30万ならば10万円が自己負担になります。

どちらにしろ100000円は支払う事になります。

このように陸送員の事故は赤字になりかねないほど高額なものになっています。

1年に一度くらいがリミットでしょう!

ですから運転技術に自信がない人は陸送業はオススメ出来ません。

営業所から車庫だし、納車先での車庫入れまで狭い場所への納車は多々あります。

軽自動車ならまだしも4トントラックだって狭いスペースにしっかりと駐車出来なければ、陸送員としてはつとまりません。

ただ乗用車だけの陸送なら問題は無いと思うますよ。

私の場合は2年間で1度だけ!

陸送はリスクはありますが、心掛け次第で事故は限りなく0に防ぐ事は可能です。

ちなみに私の場合は2年間で車を擦ったのは1度だけです。

これは完全に油断していました。

今まで一度も車両を事故した事がないので、うっかりで車を傷つけてしました。

修理代金は10万円近くしたと思います。

しかし現在は事故するかもしれない、擦るかも知れないと思いながら運転しているので事故はありません。

事故は油断と過信からくる注意不足により99%は起こるものだと思います。

もらい事故はまだしも、自発的な事故は限りなく0に押される事が出来ると私の経験上は断言てまきます。

焦りが事故を誘発!

陸送は基本的に時間との勝負です。

行程がきつければ焦ってスピードを出したり、黄色信号も止まる事はありません。

交通違反や事故を誘発する原因になるので焦りは禁物です。

自腹で高速を乗って時間に余裕を持って仕事をするのが得策です!

少しの経費で安全が保証されるなら安い物だと私は思いますよ。

まとめ

陸送はガンガン走ればさ収入は増えますが、事故を起こせばかえって赤字になりかねません。

冷静に時間をコントロールして回送すれば焦って事故ることなどはありません。

皆さんも気をつけて回送して下さいね!

最後までご覧頂きましてありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました