E52 エルグランド フォグランプ交換の裏技!!ジャッキとウマいらずでLED化!!

ゆーごブログ

お疲れ様です。ゆーごです。

今日のテーマはトルクスドライバーのみで出来る、E52エルグランドのフォグランプ交換のやり方をご紹介して行きます。

フォグランプをLED化して、見ためも明るさもグレードアップしましょう!!

この記事の目的

E52エルグランドのフォグランプの交換を、お考えの方に簡単な取り付け方法とLED化を強くオススメします!!見た目も白くカッコ良く走っても明るくて安心です。おまけに消費電力の少ないLEDライトはバッテリーへの負担も軽減できますので、バッテリー上りを防止の観点からもメリットはあるんです!興味がある方は、この機会に交換を是非どうぞ!

筆者について

E52エルグランドのオーナーですが、先日フォグランプ交換を行い電球のLED化に成功しました!!

簡単!!誰でもすぐに取り付けが出来る!E52エルグランドフォグランプ交換LED化!!

目次

☆序文

1 E52 エルグランドのフォグランプについて

2 作業で用意する物

3 フォグランプ交換方法

4 記事のまとめ

ad

☆序文

E52前期エルグランドの純正のフォグランプはハロゲンですが、今回は球切れしたので純正品と差し替えるだけでOKのLEDフォグランプに交換をしてみました。

純正交換タイプなので差し替えるだけで加工は要らないので、取り付けはいたって簡単です。

しかも近年はLEDが普及して低価格化が進んで随分とお手頃になりました。数年前なら二万円から3万円はしていましたが、私の使用したフォグランプは3000円程度でした。

フォグランプの交換は一見難しいそう。それなりに工具も必要かと思かもしれません。ですが工具さえあれば誰にでも出来てしまいます!

本来はジャッキアップしてから、アンダーカバーをはずして作業しなければなりませんが、今回は裏技という事でトルクスドライバーのみで出来る作業方法をご紹介します。

1 エルグランドのフォグランプにていて

●E52エルグランドの純正フォグランプはH8型

●ハロゲンタイプです。

●ヘッドライトがHidなのでフォグが黄色くてダサい。暗い。

●後期型はLEDにオプションで変更可能。

●純正交換のソケットタイプは交換が簡単。

↓使用中のLEDデイライト↓


LEDデイライト 薄型 埋め込み 42灯 2色切替 2本セット ホワイト×ブルー ホワイト×アンバー 防水 極細 ヴェルファイア アルファード 20系 30系 CHR プリウス 50系 ステップワゴン RK RP セレナ C26 C27 NBOX デミオ フリード スペーシア 新型 前期 後期 【メール便】

2 作業で用意する物

本来はジャッキアップして作業するのが基本的なやり方ですが、今回は裏技篇という事で用意する物は2つだけで大丈夫です!

●T20型のトルクスドライバー

タイヤカバーを固定しているネジが星型のトルクスネジなので、トルクスドライバーがないとタイプカバーの脱着が出来ません。ヨドバシドットコムで500円位で買いました。

●内装剥がし

タイヤカバーがトルクスネジとクリップピンで固定されていますので、無くてもなんとかなりますがこれもあると便利です。1000円位から買えると思います。

●純正交換タイプのフォグランプ

私の場合は3年保証付きでAmazonで3000円程度でした。

ケルビン数で色味が黄色くなったり、白くなったりします。私の場合は6500Kをチョイス。明るさと白さのいいとこどりで実用性を重視しました。真っ暗な田舎道などで使用すると、恩恵を実感できます。本当にめっちゃ明るいです。

ただし6500K以下は黄色っぽくてダサいので、個人的にはあまりオススメはしません。ケルビン数が上がれば比例して青みも増して今どきぽくはなりますが、明るさはどうでしょうか?この辺りはお好みでお好きなのをどうぞ

3 フォグランプの交換方法

●左側の交換

①まずハンドルを、めいいっぱい右に切る。

②トルクスドライバーと内装剥がしで、トルクスネジとクリップをはずして、フォグランプにアクセス出来るくらいまでタイヤカバーをめくる。

③フォグランプが見えたら、まずコネクターを抜いてからフォグランプ本体を反時計周りに、回して引き抜いてはずす。

④取り付けは時計回りにフォグランプをソケットに差し込み、コネクターを差し込む。

⑤フォグランプが点灯するか確認

⑥めくったタイヤカバーを戻して、トルクスネジをしめてクリップを止めて終了。

これで左側は完了です。

●右側の交換

☆左側は楽勝ですが。右側が問題なんです!!

左側と同じく①と②の手順を完了します。

③右側はタイヤカバーをめくると、大きなタンクが視界を遮りフォグランプを、目視する事が出来ないんです。しかし手を入れればフォグランプを触る事が出来ます。

なので左側を交換した人であれば右側は感覚で出来ますので、是非とも挑戦してみて下さい。

④タイヤカバーをめくったら、まずコネクターを抜いてフォグランプを反時計回りに回してはずして下さい。

⑤取り付けはコネクターをフォグランプに挿して、時計回りにフォグランプを回しながら差し込んで下さい。

目視が出来ませんので感覚になりますが、難しくはないので作業は可能だと思います!

⑥フォグランプが点灯するか確認

タイヤカバーなどの脱着などやり直しは面倒ですから、必ず点灯するかのテストはすることお勧めします!

⑦タイヤカバーを戻して作業は完了

↓今回使用したフォグランプはこちら↓

4 記事のまとめ

●フォグランプの工賃は、純正交換タイプなら安いところで工賃は片側1000円位です。高いところで2500円位です。

簡単な作業なので工賃自体は高くはありませんが、これをお願いするのはもったいないので是非ともDIYで挑戦してみてください!

万が一ご自分では無理だと判断した倍は、素直に整備工場へお願いしてください。特に右側の取り付けに関して。

●作業時間は片側10分程度です。

作業に不慣れな自分の場合でも作業時間はわずか二十分くらいでした。

なれている人なら五分も有れば、作業できるとおもいます。

●フォグランプの値段は3000円程度

私はAmazonにて購入しましたが、量販店ではフォグランプだけで2万円。さらに工賃込が5000円という驚きの値段でした!この差は何?って感じでした。値段の差は人件費などのコストの差であって性能の差ではありません。ただし激安品は危険なので避けることをお勧めします。

●DIYは楽しいです!!

DIY工具があるか無いかで、出来るできないかが決まってきます。大抵のことはぐぐつて仕舞えばできてしまうことがほとんどです!最初は苦労することも多いですが、慣れれば作業もはくなりますし楽しくなってきます。

何よりDIYはお財布にやさしので、どんどんややるべきです!

皆さん如何だったでしょうか?

この記事が少しでも皆さんのお役にたつ事が出来ましたら幸いです。最後までご覧頂きましてありがとうございます!!

また次回の記事でお会いしましょう。

2020/12/16

コメント

タイトルとURLをコピーしました