コロナで公共交通機関が怖くなったら、レンタル自転車のダイチャリ!!

ゆーごブログ

お疲れ様です。ゆーごです。

コロナ渦真っ只中、最近は電車やバスなどの公共交通機関を使用するのは恐怖を感じます。そこで今日のテーマはそんな人にオススメのレンタル自転車のダイチャリです。見かけた事はあるけどよく知らない。ダイチャリを深堀します!!

この記事の目的

コロナ感染の防止と、価格が安く、移動時間も渋滞にハマるバスに比べたら早い時もある。そんな費用対効果の高い、公共交通機関の新しいサービスを周知して頂くべく記事にして見ました。

筆者について

本来は通勤で電車とバスを利用する私ですが、まれですが激混みのバスを見ると、乗らずに40分位歩いて帰る事さえあります。そんな時に頼りになるのがダイチャリです。感染リスクもなくスイスイです!!

今まで無かったのが不思議なくらい便利な乗り捨て型、自転車レンタルサービス!!15分70円

スポンサーリンク

☆序文

私も利用するようになったばかりのダイチャリ!最近はファミリーマートなどステーションも随分と増えました。街中でよく見かける人も多いと思います。

言わば電動自転車のレンタルサイクルです。しかもこのシステムが良くて料金も安いんです!!

例えば都バスで210円。

例えば電車で210円。

浅草から上野までとか。浅草から錦糸町。秋葉原から水道橋。なんて風にバスや電車の移動であれば、間違いなくダイチャリのほうが時間も早く、金額も安いはずです。

それから駅から自宅近くのステーションまでなどの利用の際は、ダイチャリのほうが歩く時間も少なく楽に移動出来ることも多々あります。駅までバス。駅から電車。この概念をチャリから目的地へと一気に飛躍させます!!

これからはますますステーションが増えてますます、利用頻度が増えていく事は間違いありません。

ダイチャリでは所要時間が約半分、利用料金は140円なんてともよくあります。

例えば浅草から鹿浜だと電車とバスで60分の420円ですが。

ダイチャリですと。30分で、210円で済ます。

1 ダイチャリとは

●ダイチャリとは近年23区を起点に猛烈にサービスを拡大中のレンタルサイクルシェアリングサービです。

●最大の特徴は貸出ステーションへの返却は勿論ですが、移動先の返却ステーションへの可能です。

●アプリ会員への登録が終われば、スマホで予約。クレカ決済で利用時間に応じて自動決済など、利用方法はとっても簡単です!!

●嬉しい事に26インチの電動自転車で、坂道も発進も楽々ですがレンタル時には、バッテリー残量のある自転車を借りましょう!!

●ステーションに貸出可能な自転車があれば、基本的には24時間利用可能です。自転車が予約済みの場合は貸出しが出来ない事があります。

●スイカやPASMOも利用可、登録し交通系のICカードで解錠や支払いも可能です。

●終電を逃した時の強い味方でタクシーがなくても、ダイチャリで帰れます。

●登録料無料 

●利用料金は使った分だけ15分に毎70円  12時間で1000円と分かりやすい。

2 ダイチャリアプリの登録

ダイチャリを利用するにあたっては

●アプリをダウンロード

①名前や住所や個人情報を登録

②クレカやICカードなどの支払い情報を入力

③会員登録を完了させる

会員の登録はとても簡単でスマホから5分もあれば、済んでしまいます。これだけでダイチャリの利用準備は完了です。後はスマホから自転車の予約が可能となります。

スマホのGPS機能を利用して、最寄りのステーションを検索する事は容易いですが、自宅や利用目的地の最寄りのステーションは事前に把握しておく事は必須になります!!

なぜなら自転車はステーションから貸し出しをして、ステーションへと返却をしなければならないからです。

目的地近くにステーションがなければ、効率よく利用する事が難しくなってしまうので注意して下さい!

VアップシェイパーEMS

3 ダイチャリの利用方法

それではダイチャリをレンタルしましょう!!

①まずはアプリを開く。

②自分の利用したいステーションを選択。

③自文の借りたい自転車を選択(バッテリー残量のあるものを選択)

④予約を確定。(30分以内に利用を開始して下さい。30分を過ぎたら自動的に無料キャンセル)

⑤予約した自転車のナンバーと解錠のパスワードを入手自転車の

⑥これで予約完了。ステーションえと向かいましょう。(支払いは利用後にクレカ決済)

⑦ステーションで自分の予約した自転車のナンバーを見つける。(例 A4097  )

⑧自転車の液晶画面で、あらかじめ指定されたパスワードを入力。(自動解錠して利用開始)

⑨利用時間が自動カウントされます。(15分単位で70円事にごとに加算)

⑩いざ目的地までレッツゴー!

☆自転車の返却方法について。

自転車の返却は大チャリのステーションであればどこでもOKです!

返却を希望するステーションに空きがあればアプリから、あらかじめ返却の予約が可能です。希望先が満車の場合は面倒ですが空きのある他のステーションを探して返却しなければなりません。(あらかじめステーションには駐車できる自転車の台数が決められているため)

予約をした方が現地にいつて止められないなどの、二度手間を防ぐことができるのでお勧めします。わりとステーション我慢者で止められない事はよくありますから。私も2、3回ほど経験があります!

こんな具合で利用方法は至って簡単なので一度利用してしまえば、すぐに覚えてしまいます。

サドルをお好みの高さに調整したら、アシスト力をお好みに調整してOKです。ちなみに私は最強が楽々でお勧めします!

事故のないように、交通ルールを守って安全運転でいきましょう!

4 記事のまとめ

今までありそうでなかつたなー。それがまず私の第一印象でした。現在は都内をメインですが。

●サイクルポート  820箇所

●自転車  8500台

今後も順次拡大予定との事ですから、ますます便利に利用できる様になるでしょう!

都心部の地下鉄の駅の間隔は以外と距離が短くて2駅くらいなら、自転車で容易く移動が出来たりする事もあります。

特に電車とバス移動などの時には、ダイチャリが早くて安い場合が多い物です。Googleナビなども活用したら便利かと思います。

それから旅行時の観光や散策にも便利ですし。

終電をうっかり逃した時なども重宝するかも知れません。

是非とも賢く利用し、てみて下さい。!!

くれぐれも暫くの間は、自転車のハンドル回りやサドルなどの除菌を忘れずに!!

皆さん如何だったでしょうか?この記事が少しでも皆さんのお役に立つ事が出来ましたら幸いです。最後までご覧いただきましてありがとうございました!!

それではまた次回の記事でお会いしましょう。

2020/12/26

コメント

タイトルとURLをコピーしました