サラリーマンよりフリーランス!!45歳で脱サラし転身!!

ゆーごブログ
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お疲れ様です。ゆーごです。

今日のテーマはサラリーマンは稼げないので、稼げるフリーランスについて記事を書きました!

サラリーマンは安定しているとは言いますが、ハッキリ言って稼げませんよね!消費税の増税に、社会保険料の値上げ。基本給は上がらないのに手取りだけが減少。

もちろん稼ぎまくっているから、関係ないと言う方もいらっしゃるでしょうが、大半の方が前者ではないでしょうか?

そこで転職や副業の選択肢が出ますが、フリーランスを考える方は少ないはず、雇用形態を変えるだけで、転職率も収入も大幅にUP出来る見込みがあります!!

個人事業主とサラリーマンの違いは今やさほどありません。国民健康保険と社会保険料の違いは3割負担の現代に違いはありませんし、受給額に差はあれども国民年金と厚生年金の差も利回りの差で言ったら、むしろ国民年金の方が良いくらいです。

この記事の目的

現状を変えたい。転職してもっと稼ぎたいけど不安で…年齢もあるし、家族もいて実際は行動が出来ない。そんな方に稼げてらしかも転職もしやすい方法をお伝えします。

筆者について

私は45歳で子供2人に専業主婦の妻と住宅ローンもありますが、20年務めた会社を退職し、来月からフリーランスとして生きて行く決意を決めています。私の経験談がご参考になればと幸いです。

銀行や大企業ほどリストラのリスクは今後はますます上がることになるでしょうし、安定という意味でいったら会社に依存せずに、スキルで仕事を選んでいくフリーランサーの方が、終身雇用がほぼ崩壊しかけている現代においては、よっぽど安定していると言えるかも知れません!

スポンサーリンク

サラリーマンは同業種なら転職しても同じ!!稼ぎたいなら思い切ってフリーランスになろう!!

☆ 序文

コロナで大不景気の中でリストラや、自営業者の廃業などで、正社員やアルバイトの求人に対して応募者が多く。買手市場です。当然ですが応募の倍率は高くなり採用される確率も低くなります。

企業としては、低コストで雇える独身の若者を採用したがるのは当然です。逆に高コストな家族もちの中高年者の採用は敬遠されがちになります。

この場合はよほどのスキルか経験がなければ、45歳以上で採用されるのは絶望的と言えます。(応募の少ない求人なら別ですが)

私は20年以上も経験があった同業種へ正社員で応募して、面接までは行きましたが結果は不採用でした。

それから同業種のアルバイトの応募は、履歴書審査で不合格でした。

初めて世の中の就職状況がコロナで厳しい事を実感しました。なら今の会社に残り副業を続けるという選択肢はありましたが、どっちみち大して稼げませんし、先も見えています。

そこで自分のやりたい用にやってみよう!!リスクはあるけどサラリーマンよりは夢も希望もある、フリーランスを決心しました!!

1 サラリーマンは何故稼げないのか?

サラリーマンはアルバイトとは違うようで、実はアルバイトと同じく、時間の切り売りの仕事となんら変わりがありません。

毎月決まった給料で、ほぼ決まった時間を決まった仕事をする。残業代は別。この縮図は永久に続き退職するまで稼げるようにはなりません。

ソフトバンクの代表の孫正義氏の年収は90億と言います。そしてソフトバンク社員の年収が平均で600万以上だと言います。この縮図が全てを物語ります。サラリーマンは経営者に搾取され続けて一生を終えます。

経営者と社員の給料の差ほど仕事に差があると思えますか?私そうは思いません。そこに気がつけなければ人生は豊かになる事は難しいでしょう。

要するに、経営者は利益をたくさん手にして最低限の給料で従業員を雇う。これが社会の仕組みとして出来上がってしまっているのです。

しかし状況を変える答えは簡単です!!あなた自身が経営者になればいいのです。

フリーランス経営者
フリーランス稼げます

2 フリーランスメリット

●やればやるだけ稼げる

●自分のやりたい事業ができる

●税金がサラリーマンより優遇

●経費として落とせる部分もサラリーマンより多い

●裁量労働制である

●経営者の考えを最優先できる

●収入をほぼ手に入れられる (業務委託契約でも利益率はかなり高い)

3 フリーランスデメリット

⚫収入にバラツキがある

●責任が大きくなる

●病気などをすると収入が0

●確定申告が必要

●保険や年金の手続きは自分でしなければならない

●仕事は自分で取らなければならない

4 これからはスキルの時代

フリーランスになるとしたらスキルは必要です!!

スキルを武器にフリーランスで稼げるようになりましょう!!

●スキルがあるなら自分は何が出来るかを考える

●スキルがないなら自分は何を習得したいかを考える

●どうしたら一番に自分のスキルを生かせるか(稼げるか)を考える

何かを始めるのに年齢なんて関係ありません。やる気さえあれば努力次第で誰にでも可能性があります!!近年はyoutubeやwebで無料の教育系の配信でも質の高いものが多く、オンラインのスクールやセミナーなどに参加をしなくても十分に、学習ができるコンテンツや有益な情報が沢山ありますので、独学で学ぶ事がさほど難しくはありません。

特にプログラミングやWEBライター、ブログの運営や、英語力を生かした翻訳系の仕事は豊富にありネット環境さえあれば、在宅ワークだけで解決してしまうweb系のビジネスは今後もますます需要が増えて、稼げる狙い目の職種でしょう!

どれか一つだけに絞るのは難しいという人はとりあえず、やりたいことは全部やってみて、その中から自分に合うものを見つけてみるのがいいと思います。もちろんリスク分散のために1つだけの仕事するよりは、プログラミングとブログの運営とか、WEBライターと動画編集などと、2つ以上スキルがある方が後々に安心ができますし、現代は時代の変化が早く数年前まで稼げた仕事があっという間に稼げなくなるなんてことも、珍しくはないのです!

時流に応じて稼げる仕事にシフトをしていく。このくらいの柔軟さがこれからのフリーランサーには必要うになっていくでしょう!もちろん飲食店から中古車販売店などへとか、多額の資金を必要とするビジネスであれば厳しですが、web系のビジネスにはほとんど初期費用が入らないので、情報収集のアンテナだけを張っていれば対応はさほど難しい物ではありません。

5 記事のまとめ

プログラミングも正社員より、フリーランスが稼げます。

ドライバーも会社員より、フリーランスドライバーが稼げます。

アナウンサーも社員よりフリーランスが稼げます。

やる仕事が同じでも、働く形態が違うだけなのに収入は倍増する事も珍しくはないんです!!

安心と引き換えの社畜人生か、リスクと引き換えの高給取りならば、答えは迷う人など居ないはずです。

大切なのは早く気がついて、早く行動出来るか?それに尽きると思います!

大切な家族の為やあるいは自分自身の為に、努力し続けて自分らしく豊かに人生を変えていきましょう!!

皆さん如何だったでしょうか?この記事が少しでも皆さんのお役に立つことができましら幸いです。

最後までご覧頂きましてありがとうございました!!また次回の記事でお会いしましょう。

2020/01/08

コメント

タイトルとURLをコピーしました