ピボット3ドライブクルコン&スロコン=ウィンカーレバータイプ!!レビュー

ゆーごブログ

お疲れ様です!ゆーごです。

今日はピボットのクルコン&クルコン=ウィンカーレバータイプについて記事を書きました!!

見て下さい!!ウィンカーレバーに操作スイッチがあり。クルコンの実行から速度調整まで操作が出来ます!!

見た目が純正品の様な収まりようで、ウィンカーレバーのトップだけでクルコンの操作が全て出来ます!!!

この記事の目的

最近はレーダークルーズなどの運転支援システムが普及していますが、まだ社外品のクルーズコントロールを使用している方も多いはず、そこでピボットの3ドライブ クルコン&スロコン=ウィンカーレバータイプをレビューします。

筆者について

e52型前期エルグランドにて使用。ウィンカーレバータイプの操作性能と、見た目の良さはお気に入りです。マニュアル操作のクルコンも使えます!

目次

☆序文

1 クルーズコントロールとスロットルコントロールとは?

2 ピボットの3ドライブの特徴

3 ピボットの3ドライブのメリット

4 ピボットの3ドライブのデメリット

5 記事のまとめ

社外品ならオススメ!!スロコンもクルコンも使えます!!

最近は純正でもプロパイロットなどの運転支援システムの標準装備や、軽自動車にさえレーダークルーズコントロールが標準で装備される様になり従来の速度固定型のクルーズコントロールシステムは過去のものになりつつありますが、それでもないよりはマシで長距離ドライブ時のドライバーの疲労を軽減してくれるのには、間違いがありません。しかしレーダークルーズやプロパイロットにしても手放し運転は出来ずに、万が一に備えて咄嗟にブレーキを踏める様に周りを注意していなければいけないので、まだ速度固定型のクルコンでもさほど疲労感に関して言えば、大差はないのかもしれませんね!

これから後付けの社外品を購入するなら、ピボットの3ドライブのレバータイプがおすすめです!

●クルーズコントロール付き

●スロットルコントロール付き

●ウインカーレバーで操作可能

ピボットの3ドライブ=ウインカーレバータイプ。要チェックです!!


1 クルーズコントロールと、スロットルコントロールとは?

●クルーズコントロールとは?

ドライバーが任意で設定した速度で解除になるまで、定速巡航走行を自動的に行うシステムの事です。(ブレーキを踏むと解除になります)

ロングドライブの高速道路や田舎道などでとても重宝します。

●スロットルコントロールとは?

車の走行特性を変えてアクセスレスポンスを調整します。

1 納車時のノーマルモードから

2 燃費を重視したECOモード

3 燃費を犠牲にして走りを優先させたスポーツモード

ちなみに私のエルは3500ccですが。

スポーツモードの7はマジで速いですが燃費は4キロ以下です!!

ECOモードはかなり燃費性能があがって8キロ行きます!!

総じてクルーズコントロールは楽をしたい時に!

スロットルコントロールはドライバー気分に応じて、スポーツ走行からECOドライブまで幅広く対応してくれます。

2 ピボット3ドライブ、レバータイプの特徴

この製品の最大の特徴はクルーズコントロール時の操作特性にあります。上記の写真の通りですが、ウインカーレバーの上部はクルコンの操作スイッチを設けることで、走行中の操作性能が向上して安全性能も上がっています。見た目も純正品のスイッチのような佇まいを実現いたしました。

☆クルーズコントロールの使用方法

●クルーズコントロールセット =SETボタンを押す

●2キロ減速=RESボタンを押す

●2キロ加速=クルコンセット後にSETボタンを押す

●ブレーキを踏むとリセット

これが基本的なクルコンの操作です。

☆スロットルコントローラーの使用方法

●スロットルコントロールセット

MODEボタンを押す。

お好みのモードを選択

SETボタンで決定

SPモードは段階的に調整が可能。

最大モードはかなり出力が向上して、0m100mのタイムもノーマル設定に比べて短縮されるんです!!

もはやスロコンと言うよりは走行パータンを、任意で替えられるコンピューターの様です。

そしてこちらが、本体です。主にスロコンの調整をこちらでやります!!写真の設定はノーマルの状態。

3 ピボット3ドライブメリット

●ECOモードにしたときの燃費の向上が凄い

走りはもっさりしますが、燃費上がります!

●ノーマルモードもある

もちろんですが標準世帯パターンもございます!

●SPモードの最大版はヤバイです

踏んだ瞬間にグォンと鬼加速します! 警察注意! 楽しー。

●スロコンてあると使います

ドライブが楽しくなります!

●クルコンはあると楽ちん

高速道路はあると最高!マイペースにどっしりと走ればレーダークルーズでなくても、全然使えますよ。

●レバータイプの操作性がヤバイです

レバー上部で2キロずつ速度を細かく調整が可能なので、人間レーダークルーズになれます。

●スイッチレバーが見た目が純正品のよう

写真の通りですが、特にウインカー部分のあたりの完成度が高く、見た目がかなりgoodです!!本体部分も悪くありません。

4 ピボットの3ドライブのデメリット

●価格が3万円近くしてしまう。

純正の標準装備に比べると少し割高な気はします。

●全速度の自動追従性は無い

メーカーのレーダークルーズコントロールと比べたら、見劣りしてしまいます。

●停止と発進はやってくれません

こちらは面倒ですが渋滞中などには全く使い物にはなりません!

低速走行に専用仕様に限られてしまいますので、購入時にはご確認してくださいね!

●前に遅い車がいてこちらがブレーキを掛けると、クルコンの設定は解除されてしまい。再設定が必要になります。

これは面倒ですが定速型のクルコンの宿命ですから仕方がありませんので、割り切って使いましょう!

早く社外品のレーダークルーズが発売してくれると嬉しいですが、なかなか発売まで行きませんね、技術的には可能なはずなんですが、まだコストの面で難しいのでしょうか?発売を是非とも期待しましょう!

5 記事のまとめ

技術ますます進化して行きます。AIの進化や自動運転の普及により、いずれは人間がハンドルを握る機会も無くなっていくのかも知れませんが、今しばらくは人間のサポートは必要不可欠です。少なくとも運転支援システムの普及は事故を限りなく軽減させて、ドライバーの疲労を軽減している事は間違いありません。ガソリン車の消滅や、手動運転の消滅。便利さと引き換えに楽しさを失っているのかも知れませんね!

ちかい将来私たちの大半に仕事はAIに奪われてしまうと言われています。自動車の運転なんてその典型なのかも知れません。ですからレーダークルーズコントロールでは無いと言う事が、もしかしたら未来から見たらとても幸せな事かもしれないですね。

自動車を運転する楽しさを再発見するためには、かえって良い機会なのかもしれませんね!

だいぶ話が横道えとそれてしまいましたが、後付けのクルコンをお探しならスロコン付きのピボットの3ドライブをぜひともおすすめします。

私のE52型のエルグランドはクルコンのおかげで随分と、ロングドライブで重宝しています。クルコンで楽をしながら、たまにスロコンでV6サウンドを楽しんでいます!

まだまだ乗り替えずに3.5のエルグランドと付きあって行きたいです!

ほんとに良い車ですから!!

皆さん如何だったでしょうか?この記事が少しでも皆さんのお役に立つ事ができましたら幸いです。

最後までご覧いただきましてありがとうございました!

まあ他次回の記事でお会いしましょう!2021/01/17


PIVOT ( ピボット ) スロコン 3-drive REMOTE 3DR (クルスロ) 専用ハーネス3点セット【3DR / TH-4A / BR-2】3DR-4A-2

コメント

タイトルとURLをコピーしました