陸送ユーゴブログ 稼げるのは乗用車ではなくトラック陸送

ゆーごブログ
スポンサーリンク

陸送業と言ってもジャンルは色々

お疲れ様です。ユーゴです。

陸送業といってもジャンルが色々とあります。

一般的なのは乗用車の陸送。

トラックや建築機器などの陸送

それから大型車の陸送などさまざまです。

稼ぐならトラックの陸送がオススメ

乗用車の陸送のほうが色々な車に乗れますしトラックの様に、大きいサイズの乗用車はないのでトラックの運転が怖いかたや楽さを求めるなら単純に、乗用車の陸送がオススメです。ただし同じ件数をこなしてもトラックの方が単価が高く。お給料はトラック陸送のほうが高くなります。

最近はオートマのトラックが増えていて、比率は50%kyライですがMTの免許は必須です。

中型免許で8トンまで運転ができますので4トン車クラスは運転ができますから、大型車以外の陸送はできますのでかなり稼げると思います。

車が大きいほど、距離が長いほど稼げます。

料金は2トン3トン4トンと車の大きさが大きい程高くなりますし、移動距離が長ければ長いほど陸送代金は割高になります。

4トン車で100キロくらいの回送であれば1万円くらいになる時もあります。

写真の車両はトイレカー

ちなみに写真の車はなんとトイレかー。つまり走るトイレです。

運転していて少し恥ずかしですがこんなクルマも運転できます。

他にもオフィスカーや高所作業車などいろいろです。

たまにフーガやハリアーなどの高級車も運転できるのが陸送の魅力です。

電車移動などの経費は陸送員の負担

基本的に陸送員は業務委託形態を取っている事が多いので、経費は自己負担になります。

燃料代と指示のあった高速道路の料金に関しては会社が立て替えて食える事が多いです。

トラックドライバーやるなら陸送がいい。

トラックドライバーは荷下ろしがあります。真夏の炎天下の中で汗だくで満載の荷物をパレットに積み。腰痛

陸送業に転職したらあほらしくてやってられません。

陸送業は運転しておしまい。

ハッキリいつてメチャクチャ楽です。腰痛からも解放されて体調も良くなり週末には趣味のテニスを満喫できるようになりました。

給料も同レベルかむしろあがっています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました