陸送ユーゴブログ持ち帰り案件の車両の保管はこうする!

ゆーごブログ

お疲れ様です。ユーゴです。

今日ら回送車の持ち帰りの保管方法について記事を書きました。

陸送では営業所から持ち帰り翌日に納車なんて事もよくあるんです。

もちろん家に帰宅をせずに、車中泊して翌日に納車するのであれば構いませんが、実際にはそうもいきません。

お風呂にも入りたいし、着替えもしたいし、ゆっくり寝たいですよね。

今日はそんな時のために車両保管の方法を検討してみましたので良かったら参加にしてください。

スポンサーリンク

1コインパーキングへ駐める。

まずは定番でですがコインパーキングへ停めるほう方です。

お金はかかりますが路上駐車をして駐禁を切られてはもともこうもありません。

●乗用車や2トンクラスまでなら問題なく駐める事ができます。

●6メートル越えの3トンなら駐車場の形によりますが、少しくらい枠ははみ出しますが他の車の出入りを妨げなければ駐めても大丈夫な事が多いです。

ちなみにわたしは4トンロングでも泊めてしまいます。

タイムスや、三井のリパークなどキッチリと区画された駐車場ではありませんが。

2 可能であれば自宅の駐車場へ駐める

可能であれば自宅の駐車場が一番良いでしょう。

もちろんお金もかかりませんし、安心して保管する事ができますしね。

私の場合は3トンショートクラスまでなら自宅へ駐める事ができるので助かっています。

3トンロングや4トンを超えたらコインパーキングを利用しています。

3 どうにもならなければ車中泊か道の駅へ駐める

クルマが4トンのアルミで8メーター60センチくらいあるとさすがに、コインパーキングには駐めらないので車中泊や道の駅などへ駐めるしかありません。

夜限定で路駐という方法もありますが、駐禁のリスクらありますのであまりオススメができません。

持ち帰りは陸送で稼ぐなら必要不可欠な仕事です。

自分なりに車の保管方法を日頃から検討しておくことをおすすめします。

それでは今日はこの辺で。失礼します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました