10万キロ越えた過走行車を購入すると実際にどうなるか検証しました!

ゆーごブログ

お疲れ様です。ユーゴです。

前回は中古車の過走行車をオススメしましたが、今回は実際に私が購入した車の経緯について記事を書きました。

過走行車は安いのが魅力ですが、故障の不安はどうしもついて回りますが、実際はどうなのでしょうか?

結論からいうと10年落ちの、15万キロぐらいは今どきの車は大丈夫です。

なのであまり年間の走行距離が少ない人には是非オススメします。

逆に年間に1万キロ走る人だと長くのるなら故障のリスクはあると言えると思います。

スポンサーリンク

E51エルグランド 9年落ち 168000キロ

まずは一台目 

購入時に168000キロで9年落ちはかなり悩みましたが、今どきの車は正直10万キロくらいでは壊れません。メンテナンスをきっちりやれば30万キロくらいは問題なく使用できると実感しました。

いざ使用してみれば、こちらは年間に3000キロほど乗り、3年間乗りましたがノントラブルでした。

180000キロほどまで走りましたが調子がよく全く問題はありませんでした。

●エンジン ミッション 機関良好

●駆動系 機関良好

●パワードア エアコン オーディオ 機関良好

サンルーフとライダーグリル。

社外マフラーにインパルテールとニスモサス。かなり良い装備で極上車でした。

E52エルグランド 7年落ち139000キロ

続いて2台目

こちらは3500ccの最上級グーレドのハイウェイスタープレミアム サンルーフに後席モニターにBOSEのプレミアムシアターシステムに本革仕様。パワーバックドア付きの新車乗り出しなら600万円を超える代物ですが。

これまた格安で購入。

こちらも5年目に入りましたが全くトラブルはありません。

走行距離が150000万キロに伸びました、

結論 過走行車が断然お得!!

13年落ち20万キロぐらいまでは全然大丈夫です。

ハイブリッドはバッテリーがあるので別です。

迷わず過走行車を狙いましよー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました