陸送ユーゴブログ 故障しやすい折り畳み自転車は2台購入が必須です。

ゆーごブログ

お疲れ様ですユーゴです。

11月も終わりかけいよいよ年末が近づいて来ました。

これからは陸送業界も忙しくなってくるでしょう。

今日は折り畳み自転車で陸送して1年経って痛感している事を記事に書きました。

それは折り畳み自転車を購入するなら2台購入する事を是非オススメしたいです

では、何故か?解説していきます。

スポンサーリンク

1 折り畳み構造上自転車は故障しやすい!

●折り畳み自転車は構造上とくに壊れ安いです。

とくに私のダホンk3がそうです。

14インチと小さく。8キロと軽いために。輪行には優れている分。

耐久性が弱いんです。

よくよく考えたら70キロの大人が8キロの自転車で雨の日も毎日。30キロぐらい走ればそれは壊れますよね。

なのでクロスバイクと同じ感覚で乗るとそのもろさに驚くと思います。私がそうでしたから。

2 ダホン k3の故障履歴

●まずはフリー

これはホントにk3の泣きどころ。

小径車ゆえにタイヤの回多数が多くなるのでフリーへの負担は大きいです。

私は一年間でk3を2台買いましたが、2台ともフリーが3か月以内に故障して交換しています。

メーカーも認識してる部品のようです。

但しメーカー保証でタダで直ります

今年から強化パーツで改善の兆しがあるようです。

●そしてリアスポーク

当然と言えば当然ですね。

私は合計で3本折れた経験があります。

私のエスケープrx1では折れた事などありませんが、k3はかなりモロイです。

20インチのダホンルートあたりだと耐久性もありそうだし折れないかも知れませんね。

●最後にリヤタイヤの交換が2回

①リヤタイヤの変形

②変形からのパンク

重量が掛かるリアタイヤへの負担はかなり大きい模様ですね。私は70キロですが、80キロぐらい体重があると更に自転車への負担は大きくなりそうですね。

3 段差を乗り越える時は細心注意を!

ダホン k3の最大の弱点は乗り心地の悪さです!

衝撃がダイレクトに来て段差を乗り越えた時は最悪です。

個人的にはダホン k3では歩道は走りたくありません。

ね。

極力車道を行きます。

乗り心地に関しては、私物のクロスバイクのエスケープry1とは雲泥の差があります。

例えるなら乗用車とトラックくらいの差はあります!

4 故障しやすいので修理中の代車として2台目が必須です。

以上の事を踏まえるとダホン k3は走りと輪行にはピカイチの最高のギアですが、故障とは隣り合わせです。

私は1年間で現在のところ2代目のダホン k3ですが、1スポーク修理やフリー修理などは預かり修理で2.3日は自転車が使えなくなる事も多いんです。

一度でも陸送で自転車を利用したら自転車なしでは仕事になりません。

なので修理の間だけでいいので代車を自宅に置いてあると心にも余裕が生まれて安心ですよ。

わたしは雨の日でも自転車はカッパをきて利用するのでなくてはならない存在です。

私は代車でダホンヒットの20インチ2021モデルを購入しました


DAHON(ダホン) K3 2021年モデル ガンメタル/ブラック 3段変速 14インチ 折りたたみ自転車

スペアは安くてもデカくて輪行には不便ですが、修理期間の限定しよですからそれでいいんです。

折り畳み自転車があると件数がこなせて稼げますし早く帰宅が出来ますし、体力的も楽だし交通費も節約できます!

折り畳み自転車は陸送には最高の相棒ですよ!



コメント

タイトルとURLをコピーしました