駐輪場が空いてなくても大丈夫。折り畳み自転車で自転車通勤しよう!

ゆーごブログ

サラリーマンや学生さんで、駅まで自転車で通勤をしたいけど駐輪場の空きがなくて自転車通勤を諦めてる。

そんな人って以外と多いと思います。

しかしそんな悩みは無用です!

折り畳み自転車で通勤すれば駐輪場なんて必要ないんです!

しかも自宅から駅までと、さらに駅から会社まで、往路と復路と両方とも自転車で通勤が出来るんです。

スポンサーリンク

折り畳み自転車って小さくて軽く輪行袋で電車にも持ち込み可能なんです。

折り畳み自転車は色々ありますが、軽くて小さい携帯性に優れています。

ですが、えー折り畳み自転車って持ち運びめんどくさいなーと思う方も多いかと思いますが、実際には。

駅に着いてから電車に乗るまでしか持つ事はありませんから、多少重くても問題ありません。

折り畳み自転車は種類いろいろ

  • タイヤサイズ 14インチから20インチ
  • 重さ 8キロから14キロくらいまで
  • 燃料 1万円から10万円くらい

折り畳み自転車は軽くなればなる程、また小さいなればなる程に高額なる傾向があります。

実際にはタイヤが小さくなればなる程に走行性能は低下しますが、折り畳み自転車は持ち帰りの携帯性が重視されるのでこの様な値段設定になっています。

しかし重いと言っても男性であれば12キロくらいは持てない重さではないので、割り切って格安の折り畳み自転車を購入するのもアリだと思います。

ちなみに私の自転車はDAHONK3です。

  • サイズ 14インチ
  • 重さ 7.8キロ
  • 価格 98780円
  • 折りたたみサイズ H65W59D28

私の場合は仕事がら一日中電車と自転車で移動するために、5、6回は折り畳んで、組み立てて電車に乗って。持ち運びするので最小、最軽量のDAHON K3を愛用しています。

ちなみに2号機で20インチのDAHON HITを所有していますが、そちらは20インチで11キロとひとまわり大きいくなりますが、価格は5万円位になります。

予算が許せばDAHONK3がオススメ!

折り畳み自転車の私のオススメはズバリDAHON K3です。

購入価格は8万円後半と高額ですが、折り畳み時の軽さと携帯性の便利さは特筆です。

走りもシングルの3スピードのVブレーキと本格派です。

20キロくらいの巡航は実現出来ます。

ギア比も良く考えられていて一漕ぎでかなり進みますので、折り畳み自転車としては充分な性能はあると言えます。

また予算を安く抑えたい人。走ればなんでも良いという人は、Amazonとかで一万円くらいの折り畳み自転車をオススメします。

折り畳み自転車で通勤のメリット

  • 駐輪場がいらない。(お金が掛かりません)
  • 駅の改札まで漕げる (だいたい多少は駐輪場から駅まで歩きます)
  • 往路と復路使用出来ます。
  • コンパクトなので会社や部屋に置いておける
  • 徒歩と比べると3倍以上は速く移動できる
  • 健康的です。ダイエットに最適
  • 10キロ位は全然いけます

などなど良いことばかりです。

まとめ

だいたい駅前の駐輪場は満車どあの事が多く、駅までの自転車通勤を諦めている方も多いかと思います。

ですが発想の転換で折り畳み自転車という選択肢はいかがでしょうか?

折り畳み自転車なら自宅から最寄りの駅までの概念からドアtoドアであなたをサポートしてくれます。

春風や日差しを浴びながら景色を楽しみながら、のんびりとサイクリングなんてなかなか気持ちが良いものです!

わたしもサラリーマン時代はクロスバイク派でしたが、フリーランスへ転職してからすでに折り畳み自転車を3台も購入しています。

もちろん走りはクロスバイクには及びませんが、折り畳み自転車には独特の魅力があります。

是非とも折り畳み自転車の世界をご堪能くださいませ。

長々と失礼いたしました。

どうもありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました