陸送ユーゴブログ 福島から神奈川へ270キロ回送

ゆーごブログ

お疲れ様です。ユーゴです。

寒い日が続きますが、2022年もいよいよ2月になり、少しづつ春が近づいて来ました。

今回は福島県の郡山市から神奈川県の横浜市まで270キロ。2トン車の回送を記事に書きました。

たまにある長距離陸送はいわばドライの様なもので楽しみながら回送ができます

スポンサーリンク

1泊2日の納車工程

午後3時に郡山を出発

この日はまず2件ほど回送をこなして、引き取り先に到着したのが、午後3時でした。

自宅の東京に1泊

納車先の営業所が18時に閉まるので納車は明日の朝になります。

自宅の車庫へ持ち帰り保管して、明日の早朝に横浜へ納車する工程です。

早朝に横浜へ出発

朝は出遅れると通勤のラッシュにハマるので5時に出発します。

到着予定は、50キロありますがスムーズに行き7時に納車が出来ました。

持ち帰らずに直行で車中泊もあり。

もちろん保管場所ない方や家に帰るのが面倒な方は、直行で納車場所へ向かうのもありです。

快活クラブに泊まったり、車中泊するのは陸送員の判断に任されたす。

私の場合は家でゆっくり風呂に入ってベッドで寝たいので車中泊はやりません。

宿代ももったいないですしね。

金額は美味しい案件でした!

今回の回送費はかなり高額で美味しい案件でした。

270キロで2万オーバーでした。

回送時間

郡山から東京

220キロ 5時間

東京から予定

50キロ2時間

2日に分けて合計が7時間の回送でした。

まとめ

陸送は車の運転が好きな人や、電車移動が好きな人や、

自転車移動が好きな人や、歩きの移動が好きな人にはもってこいの仕事だと思います。

時間終われる事も確かに多いですか、今回のようにのんびりと田舎をドライブ気分で走れるのは陸送員の特権でしょう

美味しいものを食べて帰るのも旅気分味わえて良いかも知れませんね。

皆さんいかがだったでしょうでしょうか?

この記事が少しでも皆さんのお役に立つ事が出来ましたら幸いです。

最後までご覧頂きましてありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました