陸送ユーゴブログ 折り畳み自転車の回送の使い方を詳しく紹介!

ゆーごブログ

お疲れ様です。ユーゴです。

陸送業を始めて2年目、陸送業をするにいたって折り畳み自転車は稼ぐのに必須なアイテムです!

これがなければ15万円以上は月収が下がっているのは間違えないと断言できます。

一日にすると最低1件から2件くらい。こなせる件数が違ってしまうんです。

今日は折り畳み自転車を回送に使用するとどれくらい速いのか。

実際に私が回送に掛かる時間と、Googleナビの徒歩の予想時間を比較して行きたいと思います。

それから折り畳み自転車を輪行しながら回送するのが、体力的にキツくなるのかを記事に書いていきます!

スポンサーリンク

徒歩と自転車でどのくらい違うか?

2.6キロの場合

  • 徒歩で30分
  • 自転車で13分

人によって個人差がありますが、だいたいこれが目安になります。

この時間の違いをどう見ますか?

私は陸送の仕事をして一日目に折り畳み自転車を購入しました。

これで回送が3、4件あれば軽く1時間以上は速くおわります。

また自宅から駅までの往復もあるのでトータルで2時間くらいは速く帰宅できると思います。

5キロの場合

  • 徒歩で1時間
  • 自転車で30分

実際は自転車の場合は急いで移動したらもっと時間は短縮できますが、どんなにゆっくり漕いでもこれ以上は掛からない時間です。

また徒歩で1時間歩けば体力的にはかなり消耗しますが、自転車で30分のんびりと漕いでも慣れれば徒歩と比べたら断然に楽なはずです。

具体的な移動例

営業所間の距離は20キロ。

最寄り駅まで5キロ。バスか徒歩

駅から乗り換えが二回

目的地の駅から3キロ。バスか徒歩。

この場合でバスと電車の場合は2時間で1000円掛かりますが自転車なら0円で75分で行けました。

疲れはしますが、これ程に一件だけで移動時間に差がつきます。

もちろん乗り換えなしで、駅からの距離が近ければ電車を選択しますが時間がない時は20キロを自転車で行くときもあります!

折り畳み自転車のメリット

移動時間が圧倒的に速い

  • 歩くより早く
  • 歩くより疲れない
  • 交通費を削減できる。バスは使わなくなる。
  • 人身事故などでも自転車で迂回できる
  • 件数をこなせて収入はアップしてます
  • 20キロくらいは行けます
  • 大雨の中を最大で45キロの田舎道を移動

折り畳み自転車を使うメリットは、なんと言っても移動時間の速さです。14インチでも徒歩とは比較になりません

組み立てと輪行袋への収納についてはそれぞれでも、慣れれば2分かかりません。

仕事後の疲労感の違いは明白です。

靴も減りません。陸送の仕事で1年以上持っています。

折り畳み自転車のデメリット

デメリットをどう捉えるか?

  • 自転車の購入にお金がかかる
  • 輪行が面倒くさい
  • 雨の日は濡れる
  • メンテナンスがいる
  • パンクのリスクはある

●まずオススメのDAHONのK3は高いです。

87000円位しています。Amazonなどのサイトで。

まずデメリットは自転車が高いです。

しかし数ヶ月で回収できますし。収入も上がるのでプラスアルファで戻って来ます。

ダホンのK3にこだわらなければ安いのありますが、重くてサイズも大きくなりちょっと大変になります。

20インチくらいまで、12キロ前後であれば物理的には仕事に使用は可能です。

ダポンK3は8キロと軽く小さく満員電車でもなんとか持ち込んでも大丈夫なレベルです!

●雨の日はカッパを着れば問題ありません。私は雨でも自転車を使用しています。

●パンクリスク 2年で1度だけ回送中パンクしました。

●輪行は面倒くさくないです。折り畳み自転車を持つのは駅で畳んでから電車に乗るまでの間だけです。

私は駅ではエスカレーターとエレベーターを使用します。楽したいので。

●メンテナンスは簡単 10日一度の空気入れと、注油のみ。

まとめ

折り畳みがあると陸送業は本当に楽になりますし稼げるようになります!

ぜひ折り畳み自転車を使用されてみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました