パワハラ上司のいる会社は今すぐに辞めよう!オススメ退職代行!

ゆーごブログ

お疲れ様です。ユーゴです。

今の会社を退職したいが中々言い出せない。

退職の意思を示しているのに、人手不足だの不当な引きとめをしてくる会社も多いんです。

退職代行って聞いた事ありますよね!

意外と手頃な金額で言いにくい事もきっちりと会社と交渉してくれる頼もしい味方なんです。

今日はそんな退職代行について記事を書きました。わたしも上司がアホでクソで25年勤めた会社を辞めました。脱サラしてフリーランスのwebデザイナー目指して勉強をしています。

住宅ローンもあり、専業主婦の妻と幼い子どもが2人がいたのでボーナスが出るまで半年くらい我慢しましたが、翌月にすぐに辞めました。

上司を変えるのはむりなので辞めましたが、辞めてストレスフリーで収入も上がりました。

スポンサーリンク

退職の意思を伝えにくい

私の場合は社長との仲が最悪だったので退職の意思を伝えるのはせいせいしましたが、通常はなかなか言い出せにくい事かもあるかも知れません。

会社としては引き止めてきたり、中には損害賠償だのわけのわからん事を言って退職させないブラック企業も実際にあるくらいです。

人手不足を理由に退職時期を伸ばしてくる

退職の申し出に対して今は使徒で不足だからといって、退職の時期を引き延ばしてくる場合がよくあります。何度も繰り返して取り合わないのがあちらの手段になります。

こんなふうにまともに話にならない場合には、退職代行がオススメになります。

有給の完全消化をする

有給休暇は労働者の権利になります。

退職するまでに有給休暇を完全に使い切ってしまう権利が労働者にはあるので、全て使い切ってしまいましょう!

まとめ

職場は自分で選ぶものです。

自分自身が納得して気持ちよく働けない環境であるならば、そこに縛られる必要などありません。

自分の意見は遠慮なくぶつけて交渉しましょう。

話が通じない相手には退職代行が有効になります。

私は理不尽なことが多いサラリーマンは2度とやりたくありません。

フリーランスは気楽にやればやっただけ収入になって帰ってきます。

サラリーマンのように仕事が遅い人が残業代をもらえて、仕事の早い人が割を食うような環境にはアホらしくて適応していられません。

世の中は広いです。

狭い視野に捉われずに自由に生きていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました