陸送ユーゴブログ 東京から鹿島行き 便利な高速バス!

ゆーごブログ

お疲れ様です。ユーゴです。

今日は最後の回送が潮来で終わりまして時間は17時でした。

さてこれから都内の自宅へと帰宅するわけですが、田舎なのでとにかく電車の本数がありません。

1時間に1本あればいいほうで、佐原乗り換え成田乗り換えと帰宅は22時くらいになってしまいます。

しかし今回ら鹿島セントラルホテルから東京駅行きの高速バスを利用して見ました。

この記事の目的

陸送業でいかに早く、安く、快適に移動が出来るか?

その時の気分に応じて最適な移動方法をご提案させていただきたいと思います。

筆者について

陸送業2年目で奮闘中です。

スポンサーリンク

予約なし!自由席!ICで1850円!

前日にバスのサイトを検索して予約をしようとしたんですが、東京から鹿島方面高速バス予約不用でさはた!少しビックリしました。

私は5駅目の鹿島セントラルホテルから乗車しましたが、始発の鹿島神宮駅から乗ってもIC決算なら1850円と安いんです。

高速バスなら1時間半で1850円

ちなみに電車だと東京駅まで1980円で3時間です。

高速バスの方が安くて速いんです。

しかも平日の17時50分くらいでも割と空いているのて、リクライニングして寝ながらくつろいで帰れますよ。

荷物はセルフサービスにて

バスのラゲッジドアを開けて積み込みます

普通は高速バスは手荷物は運転士さんが、乗車時にラゲッジスペースに積み込みをしてくれますが、このバスはなんとセルフサービス。

バス停にバスが止まったら勝手にラゲッジドアを開けて、手荷物を積み込みラゲッジドアをしめるんです!

もちろん降車時も自分で手荷物は降ろします。

Wi-Fiはないけど、電源コンセントは有り、リクライニングとドリンクホルダー有り

わすか2時間程度の移動なので贅沢は言いませんが、なかなか装備でなかなか快適な移動ができると思います。

スマホは充電できますよー。

トイレ休憩はありませんが、車内トイレ完備

移動時間が短いので休憩自体は必要ないと思いますが、トイレが近い人には助かります。

納車先からバス停までは11キロ

今回は鹿島コンビナートの工場の納車なので、バス停まではなんと11キロ。また最寄り駅までも13キロと田舎の立地でした。

しかし折り畳み自転車があるのでバス停まで40分です。陸送には折り畳み自転車必須です!

まとめ

いつもは成田線と京成線で帰宅していましたが、今回初めて鹿島から東京への高速バスを利用しました。

関東鉄道さんのバスでしたが、明らかに電車よりも空いてい早く快適に移動する事が出来ました。また機会があれば間違いなく高速バスで帰宅します!

とても満足で気に入りましたので今後も利用させて頂きたいと思います。

良かったら参考にして下さい。それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました