新車購入ハイブリッドかガソリンか?

ゆーごブログ

こんにちはユーゴです!

新車を購入する時によくあるのが、ハイブリッド車かガソリン車かどちらにしょうかと悩む事があると思います。

単純に価格だけを考えるとガソリン車のほうが安価でお買い得なのは間違いありませんが、とは言っても毎日使用する物ですしリセールバリューの事など色々と考えると、なかなか難しい問題ではあると思います。

そこで今日はハイブリッド車とガソリン車の違いやメリットを記事に書きましたので。解説して行きたいと思います!

スポンサーリンク

ハイブリッド車とは?

ハイブリッド車とはガソリンエンジンとモーターを併用して走行する車両の事を言います。

これによりパワフルでかつ低燃費。

そして静粛性に優れるという性質があります。

ハイブリッド車の先駆けと言えばトヨタのプリウスでしょう。

90年代に初代プリウスがデビューして、それから他のメーカーも追従してさまざまな新車が販売されるようになり、今ではハイブリッド車は新車のスタンダードになりました。

もちろん近年さ電気自動車の普及が急速に進んではいますが、まだぢ電気自動車にはデメリットが多いために日本ではハイブリッドがシュリになっているのが現実です。

問題なのはやはり航続距離の短さと、充電スポットの少なさや、充電時間の待ち時間の不便さです。

この問題はハイブリッド車では全てクリアしているので、使い勝手を考えると圧倒的に電気自動車よりもハイブリッド車のほうが優れていると言えるでしょう。

ハイブリッド車のメリット

  • エンジン+モーターでパワフル
  • 燃費が良い
  • 静粛性に優れる
  • 税制面で優遇措置がある
  • リセールバリューが高い

ハイブリッド車のデメリット

  • 車両価格が高額になる
  • バッテリーが消耗品で交換は高額に
  • 静かすぎる為に歩行者に認知されにくい

ガソリン車とは

言わずと知れたガソリン車ですが、こちらはエンジンのみを出力として走行する車両システムの車両の事をいいます。

近年はハイブリッド車ではなくても技術の進歩により、燃費の向上がはかられなおかつパワフルで静粛性の高いエンジンも増えてきています。

また内燃機関のみの独特の気持ちよさがあり、車好きにはやはりガソリン車が人気があるのは事実です、

ガソリン車メリット

  • ハイブリッド車より安い
  • ハイブリッドよりシステム上軽い
  • エンジンはガソリン車のほうが気持ちいい
  • バッテリーの劣化の心配がない

ガソリン車デメリット

  • 燃費が悪い
  • 税制面でハイブリッドより不利
  • リセールはハイブリッドより劣る
  • 乗り心地はハイブリッドのが良い。車重による。

選択の決め手

ではこれらを踏まえてどの様な基準でガソリン車かハイブリッド車かを選択して行けば良いのかを解説して行きます。

乗り心地重視ならハイブリッド

ハイブリッド車はシステム上どうしても車重が重くなります、重くなれば当然ですが運動性能は低下します。

しかしこの重さにより安定感が増して、結果乗り心地の良さへと繋がるのです。

しかもモーターのみの走行時の静粛性はガソリン車にはない素晴らしいものがあります。

のんびりと優雅に乗りたいのであれば間違いなくハイブリッド一択と言えるでしょう!

フィーリング重視で安く購入したいならガソリン

そしてガソリン車をおすすめするユーザーさんは、車が好きでフィーリングを重視する方です。

例えばv6の3500ccの高出力エンジンなどはハイブリッドエンジンには、及ばない圧倒的なパワーとエンジンサウンドがあります。

私は個人的には後者を選択したいと思いますが。

まとめ

同じ車両でもガソリン車とハイブリッド車では性質が違く、運転してみると明らかに違いがあります。

この辺りは是非ディラーで試乗されて乗り比べてみられるといいかと思います。

ガソリン価格が高騰する中でやはりハイブリッドの燃費の良さは給油するたびに感じる事が出来るメリットだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました