陸送ユーゴブログ 配車が良く日給で35000円の売り上げを達成!

ゆーごブログ

お疲れ様です。ユーゴです。

めったにある事であありませんが、先日に一日の陸送業の売り上げ金額がなんと35000円も発生しました。

この日の回送予定は3件です。

しかも稼働時間は8時に一件目の引き取りで、最後の3件目の引き取りが16時30分でした。

納車は翌日なのでこのまま自宅まで乗って持ち帰りなので事実上はそこで業務が終了です。

配車の条件にもよりますのでこんな行程は滅多にある事ではありませんが、しかしたまにある事はあるんです。

毎日こんな予定ばかりであれば100万近く稼げてしまうのですが、自営業の宿命なのか仕事に波がある事は避けられませんねー。

スポンサーリンク

この日の行程はこんな感じです。

それではこの日の行程をざっくりご紹介しますね。

①千葉市からさいたま市まで

②乗り換えでさいたま市からいわき市

③またまた乗り換えでいわき市からさいたま市

納車は翌日なので実際にはいわきから都内です。

なんと乗り換えの連続でしかも②と③は230キロの長距離回送なので、金額がまあまあ良いです。

こんな美味しい行程は滅多にありませんが、陸送業をやっているとまれにあるんです。

この日の経費は電車賃わずか500円程度

しかも乗り換えの連続ですから、この日にかかった交通費と言えば一件目の自宅から営業所までの電車賃のみです。

なので最後の3件目が終わったら福島県から東京都までフルで高速で帰ったとしても30000円は手元に残る計算です。

しかも19時前には帰宅出来てしまうという。楽さ。

仮に下道で帰宅して34500円を手元に残してもも22時前には帰宅できます。

この辺りの判断個人判断なります。眠気があったり、予定がある時に高速で帰るなど本人自由になります。

長距離はちょとしたドライブです!

陸送業の醍醐味は長距離回送に尽きます。

この日もなかなかの天気で6号線の海岸線や常陸太田の峠道などはなかなかの景色でした。

時間が許せばお土産を買ったり、美味しい地元のご飯などを食べたりするのも本人次第ですから、旅付きにはたまらない職業かもしれません。

時間に追われる事がほとんどなのでそれほどゆっくりは出来ませんが、それなりに寄り道したりは出来ると思います。

寝不足や疲労を感じたら休憩か高速利用へ

長距離などは夜に出発したりして寝不足の時があり、運転中にどうしても眠気を感じてしまう事もよくあります。

そんな時は無理をしないで休憩をとるなり、無理をしないで高速道路を利用するなどの対応策を取った方が賢明です。

無理して事故を起こしてしまっては元も子もありませんので、プロとしてその辺りはしっかりと対処しなくてはいけません。

運転中にふとどちらかに寄ってしまい、ハッとして急ハンドルを切るのは疲労している典型的な兆候です。

即、予防策を取ってください!

乗り換えの入れ替え案件はおいしいです!

陸送は基本的には納車が完了したら、次の現場へ引き取りの車両を取りに移動しますが、たまに納車先で次の引き取りの車があったり、お客様様へ車両を受け渡した時に入れ替えで車検に出すお客様の車両をお預かりする。

こんな入れ替え案件や乗り換え案件がたまにあります。

この場合は次の引き取りまでの移動時間や交通費などすべていらなくて次の車両が引き取り出来てしまうのです。

体力的にもだいぶ楽が出来ますし、件数もこなせる事が出来るので当然ですが売り上げもけっこう期待できます。

しかし自宅かコインパーキングでの保管になるので、あらかじめ用意や予定を立てておく必要があります。

路駐して駐禁を切られると回送がタダ働きになってしまいますので、注意が必要です!

それか人によっては車中泊をする人もいるみたいです。

私は風呂も入りたいしベッドで寝たいので、よほど時間的に厳しい長距離案件以外では基本的にやりません。

車両の持ち帰りで翌日納車の案件

それから当日の夕方に引き取りをして朝一で現場などに納車をする。持ち帰り案件もなかなか美味しいです。

その日は車に乗って帰るので電車賃は浮きますし、翌朝も納車先に直行なので朝の電車賃がうきます。

まとめ

1日で35000円はかなり稼げる仕事であると思います。

持ち込みの軽自動車の宅配便であれば、1個175円とした荷物を200個も配達を完了しなければならない金額です。

これは事実上不可能な数値です。

とてつもなく稼げる仕事ではありませんが、軽貨物の実事などを考えて見ると、陸送業はなかなか美味しい仕事と言えるのではないでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました