簡単!やらなきゃ損!繰り上げ返済よりお得!!手持ち資金0から出来る住宅ローン借り換えのやり方!!

ゆーごブログ

お疲れ様です。ゆーごです。

今日のテーマは知って得する賢い住宅ローンの返済対策について、皆さんにお伝えしていきたいとおもいます。

住宅ローンの家計に占める割合は意外と大きいものです。もしこの支払額が軽減する事ができたら助かりますよね!ですが大丈夫なんです!やり方によってはこれを実行でき、手持ち資金が0でもすぐに住宅ローンを軽減する事が出来ます!!

この記事の目的

今日は現在、住宅ローンを抱えている皆さんに、お得にそして誰でも簡単に出来る住宅ローンの借り換えのやり方をご紹介させて戴きます。

筆者について

10年ほど前に一建を購入して、5年ほど前に住宅ローンの借り換えを実践する事ができました。そしてこれによりずいぶんと住宅ローン支払いが軽減することに成功して支払いが楽になりましたので、ご検討中の方にはとてもご参考にはなると思います!

住宅ローン借り換えは手持ち資金0円からできます。

目次

序文

1 住宅ローンとは?

2 住宅ローンの軽減の仕方

3 私がした借り換えのやり方

4 どれくらい軽減できたか?

5 記事のまとめ

★序文

住宅ローンを組んで皆さん思うのが繰り上げ返済だと思います。大手のメガバンクであれば繰り上げ返済の手数料もなく、ネット上で手続きができますが、一般的には繰り上げ返済をするのに手数料が発生してしまいます。

このために繰り上げ返済を躊躇してしまうこともなくはないと思います。住宅ローンは金利が低くても金額が大きので、トータルで銀行に支払う金額は相当な額になります。月々9万円の支払いだとしても元金が6万円。金利が3万円ぐらいが相場ではないでしょうか?

なので住宅ローンの返済に関しては繰り上げ返済や借り換えをいかに行うかで、トータルの支払いには大きな差が出てしまうんです!もちろん現金で購入できるならばそれに越したことはありませんが、現実はローンで購入される方がほとんどだと思います。

元金に対して付随してくる金利が曲者で、いくら低金利だからといっても35年ローンも組んだら金利の額は、相当なものになってしまうのが現実ですよね!ですからこの繰り上げ返済というのが、即効性位がありげき的にローン総支払額を軽減するのに最強であると言えるでしょう!

そのやり方を、自己資金0でできるなんてちょっと夢のようですが、現実に簡単にできてしまう方法をご紹介致します!

1 住宅ローンとは?

住宅ローンとは言わずと知れたマイホームを購入するためのローンのことです。

★30年または35年ローンが一般的。

もちろん支払い年数は任意で決める事が出来ます。一括払いが可能であれば金利分を大幅に節約する事が出来ます!!

★固定金利または変動金利が一般的。

固定か変動か悩むところですが、単純に変動金利の方が金利は低い傾向にあります。金利は半年毎の見直しが一般的。筆者も変動金利を選択しています。

★頭金は借入額の10%が一般的。

頭金が無いと支払いも大変ですが、一方でローン審査に通りにくくなるというデメリットがあります。やはり多少の支払いは必要かと思います。

★審査が厳しく雇用形態と金属年数などハードルが高く、誰にでも気軽に利用できるものとは言い難い。

正社員で勤続年数が長ければローンの審査は通り安い傾向にあります。また独身か既婚かでも合否に影響は出てきます。既婚者のほうが審査には通り安いです。

★住宅ローン減税など税制上の優遇措置などのメリットも大きい。

10年間、住民税の分が控除されサラリーマンの場は年末調整で還付されます。

2 住宅ローンの軽減の仕方

★返済額の一部繰り上げ返済。

★金利の低い銀行絵の借り換え。

★現実的ではないが、親族や会社などに借りて借り換え。

まず繰り上げ返済ですが、私の融資先であった三井住友銀行では、インターネット上からいつでも手数料なしで繰り上げ返済が可能という先進的なサービスを行っていました。一般的には手数料を取られるのがほとんどです。

次に、金利の低い銀行からの借替です。これは当然ですが僅かな金利の差でも月々の支払額にも大きく影響してじますので、たとえ手数料を支払ったとしても実行する価値はあるのではないかと思います!こちらも融資額の2%程度支払うのが一般的です。

最後の方法ですが、難しいですがもしこの方法が可能であればものすごく、莫大な金利を節約できることになるので両親等に経済的な余裕があれば是非おすすめの方法です!

3 私がした住宅ローン借り換えのやり方

★私の場合は三井住友銀行から金利が低かった城北信用金庫で借り換えました。

★借り換えの手数料は2パーセントでしたが、ローンに手数料を盛り込んでもらったので実質手持ち資金0円で借り換えを実行することができました。手続きに必要な書類を、役所などで揃えるのに1000円程度かかっただけです。

一般的に住宅ローンの借り換えは契約時に手数料を払う規約になっている物が多いですが、今回のように手数料をローンに組み込んで貰う方法は一般的にやっているようなので、是非相談してみる価値はあるのではないでしょうか?

融資まで掛かった期間は約1ヶ月。城北信用金庫へ契約までに2、3度面談。三井住友へ一括返済時に一度面談しました。

たったこれだけの事で住宅ローンの借り換えは出来てしまうんです!

私もしばらく戸惑ってはいましたが、いざ行動に移して仕舞えば訳ありませんでした(笑)

案ずるより産むが易しというやつですね!

興味がおありの方は是非とも行動してみてください。

4 どれくらい軽減できたか?

★軽減できた総支払額 200万円

★軽減できた月々きの支払額 5000円

いかがですか?それほど大した額ではないかもしれませんが、200万円を繰り上げ返済するとなればそれは大変です。

費用対効果としては物凄く大きかったと言えるのではないでしょうか?

今回は私のとった行動と言えばほぼ何もしていないに等しいといっても良いかも知れません。200万円という金額に対して余りにも少ない対価であったと思わざるにはいられません。ですから私個人的にはとても今回のけっじゃについては満足のいく物であったと言えるでしょう!

5 記事のまとめ

繰り上げ返済はしたいけど手数料が勿体無い。借り換えもできればやってみたいけど手持ちの現金がない。など様々な理由から繰り上げ返済を諦めている方も多いのではないでしょうか?しかし今回の方法であれば、繰り上げ返済のハードルはぐっと低くなるはずではないでしょうか?

コロナで世の中の経済はしばらくの間は、ますます厳しいものになるだろうと予想されます!少しでも家計の中の支出を抑える事はあなたの負担を軽くしてくれて、心に余裕を持たせてくれるかも知れません。

住宅ローンの借り換えは、繰り上げ返済よりも即効性があり効果も大きでしょう!

是非お勧めします!

皆さん如何だったでしょうか?この記事が少しでも皆さんのお役に立つことができましたら幸いです1

さい顔までご覧いただきましてありがとうございました!

また次の記事でお会いしましょう。

2020/12/15

コメント

タイトルとURLをコピーしました